特別養護老人ホーム
(介護老人福祉施設)

常時介護が必要で、住宅での生活が困難な場合に入居する施設です。介護保険で要介護3~5と認定された方が入居できます。

特別養護老人ホームへの入居は、優先入居基準(要介護度、区内居住歴、主な介護者、お住まいの状況))に沿って入居の必要性の高さを判定し、優先度が高いと判定された方の中から、施設で定める入居判定基準に基づき、入居の判定を行います。

明るく家庭的な雰囲気の中で、おひとり、おひとりの個性や生活リズムを大切にしながら、ケアをいたします。気兼ねなく部屋でのんびり過ごしたり、リビングで皆さんとおしゃべりしたり、我が家にいるような気持ちで毎日を送っていただけます。

パンフレットが新しくなりました。ぜひご確認ください。

パンフレット

特別養護老人ホームまごころ

サービス内容

当施設では、全室個室、1ユニット6名又は8名の小規模な生活単位となっており、9ユニット62名の方が入居できます。入居者様一人ひとりの個性や生活リズムに沿ったケアを提供し、できるだけその人らしい生活が継続できるよう支援いたします。

入浴
入居者様の状態に合わせて、一般浴または機械浴に週2日入浴していただきます。安心して入浴していただけるようプライバシーを考慮して、午前と午後にわけて一人ひとり個別に入浴していただきます。
食事
管理栄養士が、個々の入居者様の栄養状態、健康状態に配慮した食事を提供します。必要な方に、医師の食事指示に基づく療養食を提供します。
洗濯
施設で洗濯を行います。
排泄
排泄の自立を促すため、入居者様の身体能力を最大限活用した援助を行います。
健康管理
看護職員と介護職員が共同で、日々の入居者様の健康管理を行います。また、嘱託医師が水曜日と金曜日の午後に回診に来て健康管理を行います。
機能訓練
機能訓練指導員により、入居者様の心身等の状況に応じて、日常生活を送るのに必要な機能の回復又はその減退を防止するための訓練を実施します。
その他自立への支援
寝たきり防止のため、できるかぎり離床に配慮します。
生活のリズムを考え、毎朝夕の着替えを行うよ う配慮します。
清潔で快適な生活が送れるよう、適切な整容が行なわれるよう援助します。
行事等
お花見、七夕、納涼祭、敬老会、クリスマス会、初詣、節分、ひな祭りなどの季節を感じられる行事を行っております。

イベント

季節ごとの催しや懇親会など、ご利用者様それぞれが、大いに楽しんでいただけるイベントを開催しております。

詳細はこちら

季節のイベント

お食事

季節ごとに旬の物や、行事ごとでバリエーション豊かなお食事をご用意いたします。 
管理栄養士と厨房職員の協力により、噛み、飲み込みの力が弱い方には、きざみ、ソフト食をご提供いたします。
見た目は常食と違わない美味しい食事で、皆様に大変喜ばれております。

※食事例

食事例
食事例
食事例
食事例
食事例
食事例
食事例
食事例

特別養護老人ホーム利用料金

施設介護サービス費(介護保険の1割負担分)
1か月の利用料の目安(1か月を30日とした場合)

特別養護老人ホームまごころ 入居利用料金表

※1か月の利用料の計算方法=(介護サービス費+体制加算+食費+居住費+預り金管理費)×30日。
※介護職員処遇改善加算、個別加算は含まれておりません。
※その他の費用についてはご利用の状況によって異なります。
※利用者負担限度額の軽減制度があります。詳しくは市役所の介護保険課、もしくはご担当ケアマネージャーにお問い合わせください。

© 2021 MAGOKORO